いちご鼻を改善するための角栓ケア講座

Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア

毛穴レスな肌を目指す方へ!角栓ケア徹底ガイド

『いちご鼻を改善するための角質ケア講座』へようこそ!角栓が詰まったブツブツイチゴ鼻や、ザラザラのお肌では、どんなにキレイにメイクをしても、美肌とはいえません。

ですが角栓は、しっかり洗っても、強引に取り去っても、すぐにまた元の状態に戻ってしまう厄介なもの。どうやって角栓除去をすれば良いか、お悩みの方も多いはずです。

そんなお悩みを抱える皆さんのため、当サイト『いちご鼻を改善するための角栓ケア講座』では、そもそも角栓とは何かという基本から、具体的な除去方法まで、角栓のすべてをわかりやすく解説しています。

角栓除去の間違った方法!

角栓を除去する典型的な方法としては、以下のようなものがあります。

確かに角栓は取れるかも知れませんが、角栓以上に深刻なトラブルを起こす可能性があるので注意してください。

・毛穴パック

パックを貼り付けて、乾いたらバリッとはがす毛穴パック。定番のロングセラーですが、毛穴が広がっていちご鼻を悪化させたり、周囲の皮膚を傷めたりすることがあります。

・オロナイン・ワセリンパック

鼻にオロナインを塗ったのち毛穴パックする方法を「オロナインパック」、ワセリンを塗って一晩置く方法を「ワセリンパック」と言います。毛穴パックと同様のトラブル、また、シミなどのトラブルが発生する可能性もあります。

・美容オイルパック

皮脂を浮き上がらせる美容オイルパック。特殊な成分を配合しているため、合わないものを使用すると肌荒れのリスクがあります。

・重曹パック

重曹(炭酸水素ナトリウム)に水を加えてペースト状にし、鼻に塗って数分間放置したのちに洗い流す方法。一般に手に入る重曹は粒子が粗いため、肌を傷つけたり、肌荒れを起こしたりする危険性があります。

・毛抜き・ピンセット

毛抜きやピンセットで角栓を直接抜いてしまう人もいます。大きな角栓が取れると、快感ですが、肌にポッカリと穴が開きます。この穴が、次なる角栓をより悪化させたり、肌トラブルを起こしたりする原因となります。

・コメドプッシャー

角栓やニキビを取るための専用グッズ。角栓に当てて軽く押すと、角栓が浮き上がってきます。確実で便利なグッズなのですが、角栓を「抜く」ということと同じなので、空いた毛穴から肌トラブルの原因となることもあります。

・毛穴ブラシ

小鼻専用のブラシ。細かい毛穴の中までブラシが届きますます。ブラシ自体は細かく柔らかいものの、使用頻度によっては周辺の肌を傷めてしまうことがあります。良質のブラシなら良いかも知れませんが、価格は数万円台です。

・角栓培養(角質培養)

洗顔と化粧水以外のケアをせず、角栓をためておく方法。ピークに達すると自然に角栓が取れる、という理論です。肌表面を清潔に保てないため、ニキビや吹き出物の原因にもなります。メイクができないというデメリットもあります。

角栓除去の正しい方法とは?

一般に採られている角栓除去法には、一長一短があります。

とくに多く採られている方法が、毛穴パックやピンセットによる角栓除去。単に角栓さえ取れれば良いというならば、これらは「効果的」と言えるでしょう。しかし、開きっぱなしの毛穴に細菌が入り込むなど、トラブルの多い方法でもあります。

理想は、毛穴を開かず、周辺の肌にも負担を与えない角栓除去法。毎日のケアを通じ、角栓を無理なく徐々に溶かしていく方法が良いでしょう。

基本に立ち戻りますが、やはり洗顔やクレンジングを通じた角栓除去が理想です。

特集:角栓ケアにオススメの洗顔&クレンジング比較ランキング

角栓は詰まったものを除去するというイメージが強いですが、それは最終手段でしかありません。角栓ができる→除去するを繰り返すと、毛穴が広がり、より角栓が目立つ肌になる可能性もあります。

角栓ケアでもっとも大切なことは予防、つまりは角栓を溜めないこと。そのためには、日々の洗顔やクレンジングを正しく行う、健康な肌を育てるスキンケアが最重要になるのです。

そこで今回は、角栓ケアという視点から考えた、オススメのクレンジングや洗顔料など合計14種類のアイテムを取り上げ、それぞれが角栓や毛穴にどのようにアプローチをするのか、価格や口コミとともに調査しました。

その上で、とくに優秀な5つのアイテムを選出。ランキングBEST5にまとめましたので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

発表!角栓ケアの決定版アイテムBEST5

角栓は抜くのではなく溶かすのが正解

角栓は抜くのではなく溶かす

角栓ケアアイテムとして最も有名なのが、いわゆる角栓パック。専用のパックシートを水で貼り付け、角栓を引き抜くことで除去するものです。他にも、毛抜きやピンセットで頭をだした角栓を引き抜く、毛穴の周りをコメドプッシャーで押さえ角栓を押し出すなど、ケアの基本は抜く・押し出すといった、いわば力任せの方法が主流でした。

ですがこれらの方法は、肌を傷つけるだけでなく、毛穴を広げる危険性がある、結局は根本的な解決にはなっていない、間違ったケアだといえます。

クレンジングや洗顔で洗い流して、そもそも角栓を溜めないお肌をつくることが正解です。

角栓は皮脂と汚れが原因と思われがちですが、実はその成分の80%は、肌と同じタンパク質でつくられています。ターンオーバーではがれるはずだった古いお肌(角質)が毛穴に溜まることで、角栓の詰まりができていたのです。

タンパク質はオイルでは落としきれません。毛穴の隅々にまでいきわたる、微粒子のクレイなどで、根こそぎ洗い流すことはできますが、洗浄力が強すぎて、乾燥肌を招く可能性もあります。

そこで注目を集めているのがパパイン酵素など、古い角質だけを溶かす成分が配合された洗顔料。毛穴に詰まった角栓だけでなく、周りの角質もケアしてくれるので、毛穴詰まりの起こりにくいお肌へ近づくことができます。

1回で劇的な変化があるわけではありませんが、毎日使い続けて、正しいケアを身に着けることこそ、本当の意味でブツブツ毛穴の改善へとつながるのです。

発表!角栓ケアの決定版アイテムBEST5

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座