いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア » 毛穴を引き締める

毛穴を引き締める

角栓を溜めないために不可欠な毛穴の引き締め。ここでは正しい毛穴の引き締め方や毛穴を引き締めるための化粧水選びについてご紹介します。

毛穴の引き締めが角栓予防の鍵

角栓ケア=角質ケアと心得て角栓は徐々に小さくしていくことができ、毛穴の汚れも正しい洗顔によってきれいにできます。しかし、毛穴が広がったままではすぐに毛穴は汚れ、毛穴のサイズに合った大きな角栓ができあがってしまいます。

仮に毛穴をきれいにキープできたとしても、毛穴の大きい凸凹とした肌は、見た目にも美しいものではありません。

角栓をつくらないためには、いかに毛穴を閉じられるかということが鍵となります。洗顔の後の毛穴の引き締めも非常に大切なポイントです。

角栓をつくらない化粧水は

毛穴を引き締めるための方法は二つあります。一つは引き締め。化粧水や冷たい水などで、外部から肌を引き締める方法です。

引き締め化粧水とは「収れん化粧水」と呼ばれるもので、毛穴を引き締める以外に皮脂を抑制する効果もあります。洗顔の際、水ですすげば毛穴はより引き締まりますが、汚れをしっかり落としたりすすぎの回数を減らす目的なら、ぬるま湯ですすいでもかまいません。

収れん化粧水は、洗顔後、肌を柔らかくする柔軟化粧水と乳液の後につけます。製品や肌の質によっては柔軟化粧水の後に収れん化粧水をつけ、その後に乳液ということもありますが、基本的には普段のお手入れの締めくくりに使うといいでしょう。

内部から毛穴を引き締める方法

毛穴を引き締めるもう一つの方法は、細胞をフックラさせて肌全体のハリによって引き締めるという方法です。収れん化粧水は、乾燥肌の場合はよけいに肌を乾燥させてしまうこともありますので、ハリを甦らせて毛穴を引き締めることが理想的です。

角栓を除去し毛穴が小さくなったら、後は潤いとハリのケアによる角栓ケアがベスト。つまり、いつもきれいな肌でいれば特別な毛穴ケアは必要ないのです。

もっとも大切なのは正しい洗顔と保湿です。肌をみずみずしくキープし、角栓のない肌を目指しましょう。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座