いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » 【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査 » ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

美容クリニックや美容皮膚科で行うケミカルピーリングの角栓・毛穴への効果と施術内容、費用の相場などをご紹介します。

ケミカルピーリングの角栓・毛穴効果は?

AHAを使用したケミカルピーリングケミカルピーリングとは、ピーリング剤を使って古い角質を剥がすこと。主に美容クリニックや美容皮膚科で行われています。

その結果、肌の新陳代謝が増し、ターンオーバーを促進します。同時に角栓も除去できるので、何をやっても角栓が取れなかった人でもこの方法を用いればきれいな肌を手に入れることができるかもしれません。

角栓除去のほかに毛穴を小さくする効果もあり、ニキビ痕なども一緒に剥がすことができたり、肌の凸凹も解消されます。また、くすみの改善、小じわの減少効果もあります。

ピーリング剤はフルーツ酸やグリコール酸、乳酸といったAHAもしくはサリチル酸であるBHAが用いられますが、クリニックの方針や個人の肌に合わせて決められるます。

方法は、まずピーリング剤を塗りそのまま時間を置きます。その後は洗顔をして終了で、施術時間は30分程度。直後にメイクをすることも可能です。

ただし1回の施術で終わるわけではなく、2~3週間に一度の施術を受け、それを5~10回は繰り返さないと効果は出ないようです。また費用は5~20万円程度ですからかなり高額で、時間のかかる方法といえるでしょう。

ケミカルピーリングのデメリット

ケミカルピーリングは専門家のいる美容クリニックで行ないますから、安全性は高いといえます。ただし、問題が起こっていないわけではありません。

皮膚を一枚剥がすようなイメージですから、肌が弱い人はその後回復せず、かえって肌の状態が悪くなるケースもあります。角質を強制的に剥がすことで肌の状態がなかなか安定せず、ニキビが増えてしまったケースもあるようです。

クリニックでの毛穴ケアまたピーリングの後、肌が回復するまでの過程でカサブタができたり、赤みを帯びることがあります。施術後は紫外線を浴びると色素沈着を起こすため、日焼け止めは今まで以上に徹底する必要があります。乾燥も進むなど、術後のケアもたいへんです。

信頼のできるクリニックならば安全ですが、このようなデメリットがあることも心にとめておいて欲しいと思います。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座