いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのこと » 1.そもそも角栓ってどんなもの?

1.そもそも角栓ってどんなもの?

角栓とはどのようなものなのでしょうか。このページでは、角栓が何でできているのかなど、まず角栓の基礎知識をしっかり学びます!

毛穴開きの原因・角栓の正体は「タンパク質」

毛穴開き・角栓角栓とは、毛穴に詰まる老廃物のこと。皮脂と角質が混ざったもので、誰の毛穴にもできるものです。

わかりやすいのは鼻のポツポツでしょう。毛穴に詰まった角栓は、ひどくなるとイチゴのポツポツのような見た目となり、汚れた“汚肌”の印象を与えてしまします。

また、そこからニキビが悪化して赤みを帯びたり、痛くなったりと、肌にとって悪い影響ばかり与えてしまいます。

角栓は、皮脂の多いオイリー肌の人ができやすいという印象があります。確かに皮脂も角栓の材料になっていますが、皮脂の割合は30%程度で、およそ70%が実は角質です。

角質とは、お肌の一番表面にある、タンパク質でできた部分のこと。外部の刺激から、お肌を守るバリアとしての働きを持っている重要なものです。

角質はお肌の生まれ変わりの周期=ターンオーバーによって、古いものが剥がれ落ち、あたらしく生まれ変わります。ターンオーバーが正常であればまったく問題ないのですが、様々な原因で古い角質が溜まり続けると、透明感の低下や肌荒れ、乾燥肌など、全ての肌トラブルにつながる厄介なものになるのです。

そのため、ターンオーバーが正常でない場合、どんな肌質の方でも角栓がめだつ可能性はあります。

角栓ケアに年代は関係ナシ!美肌のための絶対条件

鼻の角栓とそれに伴う毛穴の開きは、10~20代の悩みという印象も強いかもしれません。

だからといって、鼻の角栓を毛穴パックで引き抜く、無理やりに押し出すなどの間違ったケアを続けていると、毛穴はさらに大きく、角栓も溜まりやすく、イチゴ鼻が治らない…なんてことに。

ある調査によると、鼻の毛穴詰まりのお悩みを抱えている方の人数は、20~50代まであまり差がありません。これは若いころに適切な角栓ケアを行ってこなかったことが原因です。

また、鼻の角栓が目立つ方はターンオーバーの正常化が図れていない可能性が高く、そのまま放置をしていると、頬の毛穴&角栓も目立つようになります。

角栓が目立つ汚肌は美人度を落とすだけでなく、老け顔をつくり、ニキビなどの肌トラブルを招く原因となるのです。

鼻の毛穴が目立つ10代の方、生活習慣が乱れがちな20代~30代の方、ターンオーバーの低下が急激な40代以降の方、年代に関わらず継続的にケアをしていくことが大切です。

発表!角栓ケアの決定版アイテムBEST5

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座