いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのこと » 2.角栓ができる原因 » 皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰な分泌も角栓の原因です。また、お肌が乾燥しやすい人もTゾーンの皮脂が過剰に増えてしまうことがあります。「乾燥肌なのに、なぜテカるの?」と思う人も多いでしょう。その理由や皮脂の多い人の特徴をまとめました。

角栓がつまるのは皮脂のせい?

皮脂もまた、角栓を構成する成分です。角栓は、およそ3割が皮脂でできています。

詰まりのない毛穴なら、皮脂はきちんと排出されます。しかし、角質で覆われていたり、皮脂の分泌が過剰だと毛穴に皮脂がたまり、立派な角栓ができてしまうのです。

では、オイリー肌の人しか皮脂を気にしなくて良いのかというと、それは違います。角栓ができやすい場所は鼻や眉間などですが、このTゾーンの部分は誰でも皮脂が過多になりがちな場所。つまり、どんな肌質の人でも皮脂の過剰分泌が原因で角栓ができてしまうことがあるのです。

皮脂の過剰分泌の原因は乾燥にあった

ただし、皮脂は肌をバリアしたり潤いを与える大切なものなので、過剰に取りすぎる必要はありません。顔を何度も洗ったり、刺激の強いピーリングを繰り返したり、十分な保水をしないと肌は乾燥してしまいます。この乾燥がクセモノです。

肌は乾燥すると「潤いが足りない!」と自ら判断し、多めに皮脂を分泌させます。その結果、過剰に皮脂が分泌されて角栓ができやすくなったり、ニキビやかゆみを生じさせます。冬の乾燥する時期ももちろんですが、冷房などを使う夏場も乾燥には注意が必要です。

肌は水分だけでなく、ある程度の皮脂も必要であることを覚えておきましょう。洗顔を徹底してもなかなかオイリー肌が解消されない人は、一度「乾燥」を疑ってみましょう。

なぜ私は皮脂が多いの?そして改善方法は?

オイリー肌など体質なもの、乾燥などのほかに皮脂の分泌を増やしてしまう原因には次のようなものがあります。

  • ストレス
  • 寝不足
  • 食生活の乱れ
  • 糖質の過剰摂取
  • 刺激物や油っぽい食品の過剰摂取

ストレスは、ホルモンバランスを崩し、男性ホルモンを分泌します。男性ホルモンは皮脂の分泌を増やすことがわかっています。睡眠不足も同様の結果を招きます。

過剰な皮脂の分泌がなかなか改善されない人は、一度生活習慣を見直し、スキンケアを目指すようにするといいでしょう。

特に注意をしたいのが洗顔。お肌が脂っぽいからって、洗浄力の強いオイルクレンジングや洗顔料でゴシゴシと洗っていたりしませんか?

洗顔の後に顔がつっぱったような感覚がある場合は、注意が必要。お肌に必要な油分や潤いまで落としてしまうことで、さらなる乾燥肌を招き、余計な皮脂を分泌させてしまうという悪循環に陥ります。

とにかく保湿!のような洗顔料を使用する必要はありませんが、うるおいを適度に与えながら、しっかりと汚れや角質を落とせるような洗顔料を使用するのがポイントですよ。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座