いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのこと » 3.角栓が悪化するとどうなる? » ニキビができる

ニキビができる

角栓が毛穴に詰まると黒ニキビや白ニキビ、赤ニキビの元になります。このページではなぜ角栓がニキビになるのか、その理由をご説明します。

角栓がニキビをつくりあげる

角栓が詰まっている部分が黒ニキビになったり、赤みを帯びた痛いニキビになることはよくあります。黒ニキビとは、角栓が酸化して黒くなった状態をいいます。

ニキビはアクネ菌によってできますが、アクネ菌がエサとするのは皮脂。つまり、皮脂が詰まった角栓こそがニキビの元なのです。角栓をエサにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことでニキビはできてしまいます。

ニキビの状態が酷い場合は、ニキビ専用の薬剤を塗ったり、皮膚科で治療してもらうのがいいでしょう。ただ、外用薬は皮膚の表面をカサカサにしてしまったり、治療を止めてしまうことでニキビが再発します。根本的にニキビができにくい肌にするなら、ニキビの元となる角栓を作らないようにすることが大切です。

無理矢理に角栓を取るのは絶対NGです!

ニキビができてしまったとき、特に痛みを伴わない黒ニキビは、手で無理矢理絞ってしまう人が多いようです。皮膚科でその処置をしてもらうならともかく、自己流で絞り出すのはとても危険です。

ニュルンと角栓が飛び出すと、その部分には大きな毛穴が残ります。そして雑菌が入り込み、ニキビ跡ができたり、炎症を起こしたりするからです。「黒ずみがあるよりはマシ!」と思って絞ってしまうと、とんでもないことになる危険があります。

繰り返しになりますが、やはり角栓を作らないことがニキビケアにおいても最も効果的。ニキビができやすい人は「角栓を放っておくとニキビになる!」ということを頭に入れ、普段からしっかりと角栓ケアを行ないましょう。

大人ニキビにも要注意

ニキビは思春期の人だけが気をつければいいというものではありません。「大人ニキビ」という言葉があるように、大人にもニキビはできます。とくに整理前などはホルモンの乱れからニキビができやすくなります。

大人のニキビで気をつけたいのはニキビ跡です。若い頃よりも跡が消えるのに時間がかかることから、大人はとくにニキビを作らないことが大切。若い人も、跡が次から次にできてしまうと、その跡は消えにくくなります。

優しい成分で汚れをしっかり落とすことも大切ですが、ニキビができやすい人は、洗顔後には引き締め化粧水を使ってください。また、生活習慣を乱さず、睡眠はしっかりとるようにすると大人ニキビはできにくくなります。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座