いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのこと » 4.角栓ができやすいパーツ » あご

あご

あごも角栓ができやすい部分です。このページでは顎に角栓ができてしまう理由を説やケアの方法などをご紹介します。

ボツボツとした手触り…あごに角栓ができるのはなぜ?

あごの毛穴開き・角栓鼻ほどではありませんが、あごや口の下のくぼみ、口のまわりも角栓ができやすい部分です。

あごは皮膚が薄く、荒れやすいパーツ。また、口のまわりは汚れが溜まりやすい部分です。

汗腺はあまりありませんが皮脂腺が多くある部分なので角栓ができやすく、トラブルも起きやすいといえるでしょう。

例えば生理前などホルモンのバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されると顎に角栓やニキビができやすくなりますが、デリケートな部分だけに良化しにくいという特徴があります。

顎の角栓ケアの方法

画像のように、顎の角栓は白く毛穴を塞ぐようなものが多いのですが、これが悪化するとニキビになることも少なくありません。また、あごは顔の中でも鼻と同様に目がいきやすいので、肌が汚い印象を与えてしまいます。

顎の角栓ケアも鼻のケアとはほとんど変わりません。刺激の少ない洗顔剤で優しく汚れを落とし、ハリが低下して毛穴が開かないように水分をしっかり補うことが大切です。

また、角栓の材料となる角質も溜めないことも大切ですが、顎や口回りはデリケートなので刺激には十分に注意してください。

洗い残しに注意ピーリングなどで刺激を与えると乾燥してカサカサになってしまうことも。洗顔も、ほかのパーツよりもさらに優しくて丁寧に洗うことがポイントになります。

汚れにも注意が必要です。顎は手で触ることが多い部分ですが、汚れた手で触ってしまうと雑菌が繁殖して角栓からニキビや吹き出物ができてしまいます。敏感肌の人はとくに、手で顎を触らないように心掛けましょう。

加えて、洗い残しにも要注意!小鼻のまわりや頬は洗いもれが少ない部分ですが、顎や眉間は洗い残しがとても多い部分です。皮脂や古い角質をしっかり取るために、あごは普段から丁寧に洗うようにしておくと、角栓はできにくくなります。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座