いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのこと » 4.角栓ができやすいパーツ » 頭皮

頭皮

頭皮に角栓ができる理由やその画像、毛穴をきれいに保ち角栓を予防する方法などをご紹介します。

実は頭皮にもできる角栓

字のごとく、頭皮も皮膚です。しかも毛穴はタップリ。ということは、当然頭皮にも角栓はできます。

抜け毛の先に白い塊がついていたり、頭皮を触るとプクっと盛り上がっていたなんていう経験はありませんか?大きな吹き出物なら別ですが、小さな膨らみだったとしたら、それは角栓の可能性が大です。

頭皮の角栓の原因は、これまで見てきた顔の角栓と同じように、皮脂の過剰分泌が原因の一つです。しかし、それだけではありません。頭皮の場合は、気温が下がると毛穴に皮脂が詰まりやすくなる傾向があり、それが角栓をつくります。暖かい季節であれば頭皮の汚れは表面に出てきやすいのですが、気温が低くなると私たちの身体は、体温を下げまいと毛穴を塞ごうとします。そのため、毛穴の中に皮脂が留まってしまうのです。

顔の角栓と違い、頭皮の中の角栓は見えませんが、放っておくと様々なトラブルを招きます。

  • 頭皮が汚れる
  • かゆみなどの皮膚炎を招く
  • 髪の毛が丈夫に成長しない

頭皮はベタベタしていないのに、髪が衰えてきたと感じている人は、頭皮の毛穴に角栓がつまっているのかもしれません。画像のように、毛穴につまった角栓は、髪の成長を邪魔し、抜けやすい髪をつくってしまいます。

頭皮の角栓ケアは、まずシャンプー

頭皮を触って角栓ができていることがわかったり、かゆみを生じる場合、やはり大事になるのはシャンプーの見直しです。頭皮に負担をかけるような刺激の強いものは避け、髪ではなく頭皮をマッサージするように、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗いましょう。いつもよりも少し時間をかけるつもりで洗うのも効果的です。これは毎日でなくとも、週に1回でもOK。例えば週末は、シャンプーをより丁寧に行なうようにすれば頭皮の状況は改善されていきます。

シャンプー前に頭皮全体にたっぷりとお湯をかけて、頭皮を柔らかくしておくことがポイントです。すすぎも十分に行ないます。「十分だな」と思ってからもさらにすすぐようにし、シャンプーを髪や頭皮に残さないように心掛けてください。

最近はヘッドスパなどを取り入れているサロンも増えているので、どうしても自己流で改善しない場合は、利用するのもオススメです。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座