いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証 » 毛穴ブラシ

毛穴ブラシ

毛穴の奥の汚れまでアプローチする洗顔ブラシの角栓除去効果やそのメリットとデメリット、正しい使用方法などをレポートします。

洗顔ブラシで毛穴の汚れを除去

毛穴ブラシ毛穴ブラシとは、小鼻専用の洗浄ブラシのこと。指では落としきれない毛穴の汚れを細かいブラシが洗浄してくれます。

小鼻専用のブラシ以外に、顔全体に使用できる洗顔ブラシもあります。

最近では手動ブラシのほかに、電動ブラシが様々なメーカーから販売されていて、その価格は3000円代から4万円までとかなりバラつきがあり、中にはサロン仕様の本格的なものもあります。

価格の違いは毛質や品質によりますが、肌を傷めないためにはできるだけ細かく柔らかい毛質のものがオススメです。

マッサージ効果や血流促進効果も

毛穴ブラシ洗顔ブラシはムラなく毛穴の奥まで洗浄できるので、毛穴の黒ずみや角栓の改善効果があります。またマッサージ効果もあるので、血流を改善したりターンオーバーを促進する効果も望めます。

小鼻専用のブラシにも種類があり、世界的に有名なメイク用の筆ブランドも開発・販売をしています。使用法は簡単で、筆を濡らし、泡立てた洗顔料をつけて気になる部分を優しくブラッシングするだけです。

また洗顔後に水に濡らしてマッサージする製品もあります。

顔全体に使用できるブラシも、電動でも手動でもやはり洗顔料をつけて顔全体に優しくブラッシングし、ぬるま湯などで流します。

毛穴ブラシのデメリット

洗い残しが少なくなり余計な角質も落とせる毛穴ブラシですが、デメリットもあります。指で洗うよりも肌に刺激を与えるので、敏感肌の人は向かないかもしれません。また、使用頻度を守らないと肌がダメージを受けることも。

高品質のブラシでない場合は、ブラシの刺激が強すぎる可能性もあり、ある程度のお金もかかります。ブラシを清潔に保たないと雑菌が繁殖してしまうので、取り扱いも少し面倒です。

気持ちいいとついつい力を込めたり長時間洗いたくなりますが、使用は週に1〜2度程度にとどめ、一箇所を洗う時間を20秒以内程度にすれば上手に利用することが可能です。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座