いちご鼻を改善するための角栓ケア講座
Lesson1:角栓除去の前に知っておくべき4つのことLesson2:角栓を除去&溜めない正しいスキンケアLesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証Lesson4:角栓除去した後に心掛けるべきケア
角栓ケア講座 HOME » Lesson3:これは大丈夫?角栓除去の方法を検証 » 角質培養

角質培養

鼻の毛穴の汚れを肌本来の自然の力できれいにするという角質培養。このページでは角質培養のやり方や、角栓ケア視点でのメリット・デメリットをご紹介します。

角質培養が肌本来の力を導くって本当?

角質培養(垢ため)とは、簡単にいうと、「肌を放置する」ケアのこと。スキンケアは必要最低限の水分補給などにとどめ、あとはお肌のケアを何もしないというものです。

何をやっても肌の状態が良化しなかったという人や乾燥の酷い人、角栓に深く悩んでいる人がたどり着く方法のようです。

肌荒れには乾燥が深く関わっていますが、その乾燥を止めるため、肌をこするようなケアはいっさい止めます。肌をこすることによってターンオーバーが促進されすぎてしまい、新しい角質まで剥がれ落ちてしまうと考えるからです。

メイクも基本的にはできません。マッサージなどもダメ。お手入れを最小限にすることで肌本来の力を引き出すことを目的としています。

穴の汚れや角栓をまずは溜める!?

角質培養の方法は、前述したように洗顔と化粧水以外は何もしないというもの。洗顔も絶対にこすってはいけません。

肌はだんだんゴワついてきて、角栓も増えていきます。それらは「モサ」とも呼ばれる老廃物の塊になりますが、決してそれを取ってはいけません。

モサができるということは角質培養がうまくいっているということ。そしてそれが最大限になったとき、まるで脱皮するように角質や角栓が落ちていき、ツルツルの肌に生まれ変わります。肌本来の力が強くなることから毛穴なども小さくなっていき、角栓もできにくくなるという理論です。

……と、ここまで書きましたが、この方法はあまりオススメできません。そもそも角質とは垢=老廃物ですから、生きているモノに対して使用する培養という言葉も、あまり合わないような気がします。

また、角質培養には様々なデメリットがあります。

効果なしor肌トラブルがあったという声も…

まず、肌を清潔に保てないということからニキビや吹き出物ができます。1週間ぐらいから肌は汚れてくすみはじめ、それが1カ月ほどで改善を始めるということですが、これには個人差があるはず。

肌がしっかり改善するまでは1年から数年かかるという説もあり、その間、角栓やニキビ、ゴワつきが間違いなく目立ちます。日ごろメイクをする必要がある方や、たくさんの人と顔を合われる方には、やはり向いていない方法だといえます。

さらに肌を根本から改善するということですが、角栓やお肌の乾燥が改善されたという人もいれば、まったく効果がなかったという人もいます。

そもそも、明確な根拠がない方法であり、お肌に合わなかった場合は、酷い肌荒れに落ちってしまったという声もあるようです。

かなりの我慢強さと根気が必要な方法の割に、効果を実感できる可能性が低い角質培養。全ての方法を試したうえで、本当の意味での最終手段として捉えるのが無難だといえます。

また、アトピー肌や敏感肌の人は、肌を清潔に保つことができないスキンケア方法はそもそもNGですので、お気を付けください。

角栓を跡なくキレイに取り除き
クリアなツルスベ素肌を作る方法

特集角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
コーラルクリアパウダーウォッシュ画像 第1位 アルファピニ28 コーラルクリア
パウダーウォッシュ(洗顔料)

角栓を優しく溶かす天然酵素を配合。また、天然サンゴの微粒子が、毛穴の奥の皮脂を吸い出すため、毎日の洗顔でエステレベルの角栓ケアができちゃいます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
然よかせっけん画像 第2位 長寿の里 然よかせっけん
(洗顔料)

火山灰を毛穴よりも小さく加工化した超微細シラスパウダーを配合。毛穴の中の汚れをしっかり吸着し掻き出し、お肌に溜めないため、角栓のできにくい肌質をつくれます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
ビューティクリアパウダーa画像 第3位 suisai ビューティ
クリアパウダーa(洗顔料)

角栓の主成分であるタンパク質を分解する酵素と、皮脂を分解する酵素の2種類を配合したパウダー洗顔料。ターンオーバーの正常化もできるため、角栓ができにくい肌を目指せます。

詳しくはコチラを
チェック≫≫
【特集1】角栓ケアに絶対オススメの洗顔&クレンジング比較ランキング
【特集2】角栓を除去する注目の洗顔成分
【番外編】クリニック・エステできる角栓除去を調査
 
いちご鼻を改善するための角栓ケア講座